1つのインフラ、多数のソリューション

手動プロセスをなくし、効率を高め、サプライチェーン内の全てのアイテムに関する洞察を提供します。インピンジソリューションは、1つまたは数千の個々のアイテムを同時に、近距離または遠距離で、実際に見ることなしに識別できます。インピンジプラットフォームを採用し、オープンかつグローバル標準の1つのインフラ上に複数のアプリケーションを構築することで、企業は段階的にソリューションを展開していくことができます。インピンジプラットフォームによって提供される可視性は、デジタル化されたサプライチェーンにとって不可欠な要素です。

出荷確認

適切な商品のパレットや箱、袋が確実に適切なトラックに積み込まれるために、荷物が移動する方向を確認して荷積みと荷下ろしを区別します。

在庫の場所

倉庫内の全アイテムをトラッキングすることで、いつでもアイテムの所在が確認できます。ストレージと製品の移動を最適化し、業務を効率的に進めるために必要なものが確実に手に入るようにします。在庫が間違った場所に置かれた時はアラートを受信します。

内容の確認

間違った箱に間違った内容が入っているという状況の解決にはコストがかかります。荷詰め中に個々にタグ付けされたアイテムを読み取り、実際のカートンの内容が注文票と照合され、一致しない場合にはシステムがアラートを送信します。

パレタイズの確認

適切なカートンが適切なパレット上にあることを自動的に検証します。紛失した注文をトラッキングするために走り回る必要はありません。パレットに積み込まれる箱をそれぞれ識別し、出荷指示書と自動的に照合して、パレットの内容が間違っているか不足している場合はアラートを送信します。

資産管理

フォークリフト、パレットジャック、重要なツール、モバイルIT資産など、業務の運用において商品を動かす資産を特定してモニタリングします。資産の利用と稼働時間を最適化してラインの停止を防ぎ、運用KPIを満たしながら予備が必要となる状況を最低限に抑えます。

IMPINJ

Impinj(NASDAQ:PI)は、衣料品や自動車パーツ、手荷物、積荷など、何十億というアイテムをワイヤレスにインターネット接続することで、分析、最適化、革新を進める企業や人々を支援します。Impinj(インピンジ)プラットフォームは、RAIN RFIDを使用して、これらのアイテムに関するリアルタイムなデータをビジネスおよびコンシューマアプリケーションに提供することで、無限の可能性を持つIoT社会を実現しています。++

© 2012 - 2020 Impinj, Inc. All rights reserved. ,